MPP 文章の表示拡張

更新日:

日本語名称:MPP 文章の表示拡張

ふりがな:ぶんしょうのひょうじかくちょう

機能概要:[文章の表示]の機能を拡張したり表示の演出を追加します。

使用条件(ライセンス): MITライセンス

作者:木星ペンギン

作者サイト:http://woodpenguin.blog.fc2.com/

ダウンロードページ:http://woodpenguin.web.fc2.com/MV_Plugin/MessageEX.html

解説ページ:http://woodpenguin.web.fc2.com/MV_Plugin/MessageEX.html

ファイル名:MPP_MessageEX.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc 【ver.2.3】文章表示の機能を拡張したり表示の演出を追加します。
 * @author 木星ペンギン
 * @help [文章の表示]の制御文字:
 *   sp[n]        # 文章の表示速度(秒間描写文字数n) / 0で瞬間表示
 *   at[n]        # アニメーションタイプをn番に変更(※1)
 *   set[n]       # 設定した文字列に変換(※2)
 *   co[s]        # 文字列sを1文字として表示
 *   rb[s,r]      # 文字列sにルビrを付けて表示(※3)
 *   px[n]        # 次に表示する文字のX座標をnピクセルずらす
 *   py[n]        # 次に表示する文字のY座標をnピクセルずらす
 *   tx[n]        # 次に表示する文字のX座標をnに変更
 *   ty[n]        # 次に表示する文字のY座標をnに変更
 *   sw[n]        # スイッチn番をONにする
 *   se[n]        # 文字SEをn番に変更 / 0でSEなし
 *   sn[n]        # スキルID n 番の名前に置き換える
 *   sin[n]       # スキルID n 番のアイコンと名前に置き換える
 *   in[n]        # アイテムID n 番の名前に置き換える
 *   iin[n]       # アイテムID n 番のアイコンと名前に置き換える
 *   wn[n]        # 武器ID n 番の名前に置き換える
 *   win[n]       # 武器ID n 番のアイコンと名前に置き換える
 *   an[n]        # 防具ID n 番の名前に置き換える
 *   ain[n]       # 防具ID n 番のアイコンと名前に置き換える
 *   we           # イベントの演出が終了するまでウェイト(※4)
 *   
 *   c[r,g,b]     # 文字色をRGBで指定
 *   fs[n]        # 文字サイズをnに変更 / デフォルト値は28
 *   op[n]        # 文字の不透明度(0~255) / デフォルト値は255
 *   oc[n]        # 文字の縁の色をn番に変更 / 0でデフォルト(黒)
 *   oc[r,g,b]    # 文字の縁の色をRGBで指定
 *   oc[r,g,b,a]  # 文字の縁の色をRGBAで指定(※5)
 *   ow[n]        # 文字の縁の太さを変更 / デフォルト値は4
 *   rc[n]        # ルビの色をn番に変更 / 0でデフォルト
 *   rc[r,g,b]    # ルビの色をRGBで指定
 *   rs[n]        # ルビの文字サイズをnに変更
 *   rw[n]        # ルビの縁の太さを変更 / デフォルト値は4
 *   
 *   df           # 文章表示の設定をデフォルト値に戻す(※6)
 *   sv           # 現在の文章表示の設定を記憶(※6)
 *   ld           # svで記憶した設定の呼び出し(※6)
 *
 *  以下は文章内に含まれていた場合に適用
 *   a            # 決定キーやシフトキーによる瞬間表示の禁止
 *   nw[s]        # 文字列sを名前ウィンドウに表示
 *   nc[n]        # 名前ウィンドウの文字色をn番に変更
 *   fr           # 顔グラフィックを右側に表示
 *   fm           # 顔グラフィックを左右反転
 *   fw[n]        # 顔グラフィックを別ウィンドウでnフレームかけて表示(※7)
 *   es           # イベントの演出のスキップを一時的に有効にする(※8)
 *  
 *  すべての制御文字は大文字小文字どちらでも可能
 * 
 * プラグインコマンド:
 *   SetMesRow n                  # メッセージウィンドウの表示行数を変更
 *   SetMesFadeOut n s            # フェードアウトタイプを変更
 *   SetMesCharSe n               # 文字SEをn番に変更
 *   SetEffectSkip true/false     # イベントの演出のスキップの有効/無効を変更
 * 
 * プラグインコマンド(オリジナルアニメーション用):
 *   SetCharaAngle n              # 画像の回転角度をn度にする
 *   MoveCharaFrame x y w h d b   # dフレームかけて文字の表示範囲を変更
 * 
 * ================================================================
 * ▼制御文字詳細
 * --------------------------------
 *  ※1: at[n] (アニメーションタイプをn番に変更)
 *   アニメーションタイプは以下のようになります。
 *    0:アニメーションなし
 *    1:文字が右にスライドしながら浮かび上がる
 *    2:文字が横に広がりながら表示される
 *    3:文字が拡大しながら表示される
 *    4:文字を左側から表示する(表示速度6推奨)
 *   
 *   5番以降はプラグインパラメータ[Anime Commons]で読み込むコモンイベントを
 *   指定してください。
 *  
 * --------------------------------
 *  ※2: set[n] (設定した文字列に変換)
 *   プラグインパラメータ[Text Set]で指定した文字列に変換します。
 *   制御文字も設定可能です。
 *  
 * --------------------------------
 *  ※3: rb[s,r] (文字列sにルビrを付けて表示)
 *   ルビを振った文字列は一文字ずつではなくまとめて表示されます。
 * 
 * --------------------------------
 *  ※4: we (演出が終了するまでウェイト)
 *   プラグインパラメータ[Wait Effects]で設定したイベントの演出が終了するまで
 *   ウェイトを行います。
 *   
 *   文章のスキップを行ってもウェイトがかかります。
 * 
 * --------------------------------
 *  ※5: oc[r,g,b,a] (文字の縁の色をRGBAで指定)
 *   アルファ値(a)は0.0~1.0で指定してください。
 * 
 * --------------------------------
 *  ※6: df, sv, ld (文章表示の設定を初期化/保存/呼び出し)
 *   プラグインパラメータ[Text Informations]で対象となる情報を指定してください。
 * 
 * --------------------------------
 *  ※7: fw[n] (顔グラフィックを別ウィンドウでnフレームかけて表示)
 *   顔グラフィックウィンドウはメッセージウィンドウの上もしくは下に表示されます。
 *   表示にかかる時間は、画面の外側から内側へ移動するまでの時間です。
 *  
 * --------------------------------
 *  ※8: es (イベントの演出のスキップを一時的に有効にする)
 *   詳細はプラグインコマンドの SetEffectSkip を参照。
 * 
 * 
 * ================================================================
 * ▼オリジナルアニメーションの作成
 * --------------------------------
 *  アニメーションタイプ5番以降はコモンイベントを読み込むことで作成できます。
 *  
 *  コモンイベントに設定された[ピクチャの表示][ピクチャの移動][ピクチャの回転]
 *  [ピクチャの色調変更][ウェイト][プラグインコマンド]を読み込み、
 *  設定された数値でアニメーションが作成されます。
 *  
 *  ※注意点
 *   ・ピクチャ番号と画像名は無視されます。
 *   ・[変数で指定]は使用できません。
 *   ・[合成方法]は通常で固定されてます。
 *   ・基準となる座標はX:0,Y:0です。原点は関係ありません。
 *   ・アニメーションが終了した時点で通常の描写がされます。
 *   ・最終的な座標や拡大率、回転角度などはすべて無視されます。
 * 
 * 
 * ================================================================
 * ▼プラグインコマンド詳細
 * --------------------------------
 *  〇 SetMesRow n
 *      n : メッセージウィンドウの行数
 *  
 *   メッセージウィンドウの表示行数をn行に変更します。
 *    
 * --------------------------------
 *  〇 SetMesFadeOut n s
 *      n : フェードアウトのタイプ
 *      s : フェードアウトにかける時間
 *  
 *   フェードアウトのタイプを変更します。
 *   
 *   指定するタイプは以下のようになっています。
 *    0:なし(瞬時に消える)
 *    1:徐々に消える
 *    2:上にスクロール
 * 
 *    時間はフレーム数ではありません。
 *    タイプによって時間が変わります。
 * 
 * --------------------------------
 *  〇 SetMesCharSe n
 *      n : 文字SEの番号
 *  
 *   鳴らす文字SEをn番に変更します。
 *   0で無音、1以上でプラグインパラメータにて設定したSEが適用されます。
 *   
 *   制御文字seは一時的なものですが、こちらはデフォルト値の変更です。
 * 
 * --------------------------------
 *  〇 SetEffectSkip bool
 *      bool : trueで有効, falseで無効
 *  
 *   文章のスキップを行った際、演出のスキップをするかどうかを変更できます。
 *   初期設定は無効です。
 *   
 *   スキップする演出はプラグインパラメータ[Skip Effects]にて設定できます。
 *   プラグインコマンドからの個別の設定変更はできません。
 *   
 *   制御文字esは一時的なものですが、こちらはコマンド実行後全ての文章の表示に
 *   適用されます。
 * 
 * --------------------------------
 *  〇 SetCharaAngle n
 *      n : 角度
 *  
 *   画像の回転角度をn度にします。
 *    
 * --------------------------------
 *  〇 MoveCharaFrame x y w h d b
 *      x,y,w,h : 表示範囲
 *      d       : 変化までのフレーム数
 *      b       : [完了するまでウェイト]するかどうか
 *  
 *   文字の表示範囲を変更します。
 *   
 *   表示範囲は画像の左端をX0.0、右端をX1.0、上端をY0.0、下端をY1.0とし、
 *   xは左、yは上、wは右、hは下の位置を指定します。
 *   
 *   bの[完了するまでウェイト]はtrueを入れると有効になります。
 *   未設定の場合はfalseとなります。
 * 
 * 
 * ================================================================
 * ▼プラグインパラメータ詳細
 * --------------------------------
 *  〇 Skip Effects (文章のスキップをした際、同時にスキップを行う演出)
 *  
 *   有効となっている演出が終了するまでマップの更新を行います。
 *   メイン処理全てを更新するので、有効となっていない演出も早送りされます。
 *   
 *   この処理はプラグインコマンド[SetEffectSkip]にて有効に設定する、
 *   または制御文字esを使用することで機能します。
 *  
 * --------------------------------
 *  〇 Plugin Commands (プラグインコマンド名)
 * 
 *   プラグインコマンド名を変更できます。
 *   コマンドを短くしたり日本語化等が可能です。
 *   
 *   コマンド名を変更しても、デフォルトのコマンドは使用できます。
 * 
 * 
 * ================================
 * 制作 : 木星ペンギン
 * URL : http://woodpenguin.blog.fc2.com/
 * 
 * @param Anime Commons
 * @type common_event[]
 * @desc オリジナルアニメーションとして読み込むコモンイベントIDの配列
 * (上から at[5],at[6]... となります)
 * @default []
 *
 * @param Text Set
 * @type string[]
 * @desc setにて呼び出す文字列のセットの配列
 * (上から set[1],set[2]... となります)
 * @default []
 *
 * @param Text Informations
 * @type struct<Informations>
 * @desc df,sv,ldを実行した際に操作する情報
 * @default {”Speed”:”true”,”Anime Type”:”true”,”Text Color”:”true”,”Text Size”:”true”,”Text Opacity”:”true”,”Outline Color”:”true”,”Outline Width”:”true”,”Ruby Color”:”true”,”Ruby Size”:”true”,”Ruby Width”:”true”}
 *
 * @param Wait Effects
 * @type struct<WaitEffects>
 * @desc we実行時に終了待ちをする演出
 * @default {”Scroll Map”:”true”,”Set Movement Route”:”true”,”Show Animation”:”true”,”Show Balloon Icon”:”true”,”Move Picture”:”true”,”Tint Picture”:”true”,”Tint Screen”:”true”,”Flash Screen”:”true”,”Shake Screen”:”false”,”Set Weather Effect”:”false”,”Fadeout BGM”:”false”,”Fadeout BGS”:”false”,”Play ME”:”false”}
 *
 * @param Skip Effects
 * @type struct<SkipEffects>
 * @desc 文章のスキップをした際、同時にスキップを行う演出
 * @default {”Scroll Map”:”true”,”Set Movement Route”:”true”,”Move Picture”:”true”,”Tint Picture”:”true”,”Tint Screen”:”false”,”Flash Screen”:”false”,”Shake Screen”:”false”,”Set Weather Effect”:”false”}
 *
 * @param Skip Effects Timing
 * @type number
 * @max 1
 * @desc 演出スキップを行うタイミング
 * (0:スキップ時, 1:文章の表示終了時)
 * @default 0
 * @parent Skip Effects
 *
 *
 * @param === Char SE ===
 * 
 * @param Character SEs
 * @type struct<SE>[]
 * @desc 文字を表示する際に鳴らすSEの配列
 * @default []
 * @parent === Char SE ===
 * 
 * @param Char SE Interval
 * @type number
 * @min 1
 * @desc 文字を表示する際にSEを鳴らす間隔
 * @default 4
 * @parent === Char SE ===
 * 
 * @param Stop SE When Skip
 * @type boolean
 * @desc スキップしたときにSEの停止を行うかどうか
 * @default true
 * @parent === Char SE ===
 * 
 *
 * @param === Default ===
 * 
 * @param Default Message Row
 * @type number
 * @min 1
 * @desc [メッセージウィンドウの表示行数]のデフォルト値
 * @default 4
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default FadeOut Type
 * @type number
 * @max 2
 * @desc [フェードアウトタイプ]のデフォルト値
 * @default 0
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default FadeOut Speed
 * @type number
 * @desc [フェードアウト速度]のデフォルト値
 * @default 5
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Speed
 * @type number
 * @desc [文章の表示速度]のデフォルト値
 * @default 60
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Anime Type
 * @type number
 * @desc [アニメーションタイプ]のデフォルト値
 * @default 1
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Ruby Color
 * @desc [ルビの色]のデフォルト値(RGBで指定)
 * @default 255,255,255
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Ruby Size
 * @type number
 * @desc [ルビの文字サイズ]のデフォルト値
 * @default 14
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Ruby Outline
 * @type number
 * @desc [ルビの縁の太さ]のデフォルト値
 * @default 2
 * @parent === Default ===
 *
 * @param Default Char SE Index
 * @type number
 * @desc [文字SE]のデフォルト値
 * @default 0
 * @parent === Default ===
 *
 *
 * @param === Window ===
 * 
 * @param Name Window
 * @type struct<NameWindow>
 * @desc 名前ウィンドウのパラメータ
 * @default {”x”:”0”,”y”:”-56”,”Windowskin”:”Window”,”Default Color”:”0”}
 * @parent === Window ===
 * 
 * @param Face Window
 * @type struct<FaceWindow>
 * @desc 顔グラフィックウィンドウのパラメータ
 * @default {”Padding X”:”0”,”Padding Y”:”0”,”Windowskin”:”Window”}
 * @parent === Window ===
 * 
 * 
 * @param === Command ===
 * 
 * @param Plugin Commands
 * @type struct<Plugin>
 * @desc プラグインコマンド名
 * @default {”SetMesRow”:”SetMesRow”,”SetMesFadeOut”:”SetMesFadeOut”,”SetMesCharSe”:”SetMesCharSe”,”SetEffectSkip”:”SetEffectSkip”,”SetCharaAngle”:”SetCharaAngle”,”MoveCharaFrame”:”MoveCharaFrame”}
 * @parent === Command ===
 * 
 */

/*~struct~Informations:
 * @param Speed
 * @type boolean
 * @desc 文章の表示速度
 *
 * @param Anime Type
 * @type boolean
 * @desc アニメーションタイプ
 *
 * @param Text Color
 * @type boolean
 * @desc 文字色
 *
 * @param Text Size
 * @type boolean
 * @desc 文字サイズ
 *
 * @param Text Opacity
 * @type boolean
 * @desc 文字の不透明度
 *
 * @param Outline Color
 * @type boolean
 * @desc 文字の縁の色
 * @default true
 *
 * @param Outline Width
 * @type boolean
 * @desc 文字の縁の太さ
 *
 * @param Ruby Color
 * @type boolean
 * @desc ルビの色
 *
 * @param Ruby Size
 * @type boolean
 * @desc ルビの文字サイズ
 *
 * @param Ruby Width
 * @type boolean
 * @desc ルビの縁の太さ
 */

/*~struct~WaitEffects:
 * @param Scroll Map
 * @type boolean
 * @desc [マップのスクロール]
 *
 * @param Set Movement Route
 * @type boolean
 * @desc [移動ルートの設定]
 * ([動作を繰り返す]は除く)
 *
 * @param Show Animation
 * @type boolean
 * @desc [アニメーションの表示]
 *
 * @param Show Balloon Icon
 * @type boolean
 * @desc [フキダシアイコンの表示]
 *
 * @param Move Picture
 * @type boolean
 * @desc [ピクチャの移動]
 *
 * @param Tint Picture
 * @type boolean
 * @desc [ピクチャの色調変更]
 *
 * @param Tint Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面の色調変更]
 *
 * @param Flash Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面のフラッシュ]
 *
 * @param Shake Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面のシェイク]
 *
 * @param Set Weather Effect
 * @type boolean
 * @desc [天候の設定]
 * 
 * @param Fadeout BGM
 * @type boolean
 * @desc [BGMのフェードアウト]
 *
 * @param Fadeout BGS
 * @type boolean
 * @desc [BGSのフェードアウト]
 *
 * @param Play ME
 * @type boolean
 * @desc [MEの演奏]
 *
 *
 */

/*~struct~SkipEffects:
 * @param Scroll Map
 * @type boolean
 * @desc [マップのスクロール]
 *
 * @param Set Movement Route
 * @type boolean
 * @desc [移動ルートの設定]
 * ([動作を繰り返す]は除く)
 *
 * @param Move Picture
 * @type boolean
 * @desc [ピクチャの移動]
 *
 * @param Tint Picture
 * @type boolean
 * @desc [ピクチャの色調変更]
 *
 * @param Tint Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面の色調変更]
 *
 * @param Flash Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面のフラッシュ]
 *
 * @param Shake Screen
 * @type boolean
 * @desc [画面のシェイク]
 *
 * @param Set Weather Effect
 * @type boolean
 * @desc [天候の設定]
 * 
 *
 */

/*~struct~NameWindow:
 * @param x
 * @type number
 * @min -3000
 * @desc X座標
 * @default 0
 *
 * @param y
 * @type number
 * @min -3000
 * @desc Y座標
 * @default -56
 *
 * @param Windowskin
 * @type file
 * @require 1
 * @dir img/system
 * @desc ウィンドウのウィンドウスキン名
 * @default Window
 *
 * @param Default Color
 * @type number
 * @desc 文字色のデフォルト値(番号で指定)
 * @default 0
 */

/*~struct~FaceWindow:
 * @param Padding X
 * @type number
 * @desc X軸の余白
 * @default 0
 *
 * @param Padding Y
 * @type number
 * @desc Y軸の余白
 * @default 0
 *
 * @param Windowskin
 * @type file
 * @require 1
 * @dir img/system
 * @desc ウィンドウのウィンドウスキン名
 * @default Window
 */

/*~struct~SE:
 * @param Name
 * @desc ファイル名
 * @default 
 * @require 1
 * @dir audio/se
 * @type file
 *
 * @param Volume
 * @type number
 * @max 100
 * @desc 音量
 * @default 90
 *
 * @param Pitch
 * @type number
 * @min 50
 * @max 150
 * @desc ピッチ
 * @default 100
 *
 * @param Pan
 * @type number
 * @min -100
 * @max 100
 * @desc 位相
 * @default 0
 *
 */

/*~struct~Plugin:
 * @param SetMesRow
 * @desc メッセージウィンドウの表示行数を変更
 * @default SetMesRow
 * 
 * @param SetMesFadeOut
 * @desc フェードアウトタイプを変更
 * @default SetMesFadeOut
 * 
 * @param SetMesCharSe
 * @desc 文字SEをn番に変更
 * @default SetMesCharSe
 * 
 * @param SetEffectSkip
 * @desc イベントの演出のスキップの有効/無効を変更
 * @default SetEffectSkip
 * 
 * @param SetCharaAngle
 * @desc 画像の回転角度をn度にする
 * @default SetCharaAngle
 * 
 * @param MoveCharaFrame
 * @desc dフレームかけて文字の表示範囲を変更
 * @default MoveCharaFrame
 * 
 */
0

Copyright© #ツクプラ , 2019 All Rights Reserved.