Separate Digit

更新日:

日本語名称:Separate Digit

ふりがな:せぱれーとでぃじっと

機能概要:変数に入っている数値を、3桁ごとにカンマ( , )を挿入した文字列で返す

使用条件(ライセンス): MITライセンス

作者:荒上理紗斗

作者サイト:https://ch.nicovideo.jp/risato_aragami

ダウンロードページ:https://drive.google.com/open?id=1FarX4Gp7hD1uSbmScWc9D…

解説ページ:https://ch.nicovideo.jp/risato_aragami/blomaga/ar171580…

ファイル名:SeparateDigit.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc 数値を指定の桁数ごとに区切ります。
 * @author Risato Aragami
 *
 * @help
 * 【プラグインコマンド】
 * SeparateDigit string 【区切りたい数値が入っている変数のID】 【処理後の値を入れたい変数ID】
 *  → 1,234,567 のような形の文字列を返します。
 * SeparateDigit number 【区切りたい数値が入っている変数のID】 【処理後の値を入れたい変数ID(始点)】
 *  → 変数1に567、変数2に234、変数3に1、といったような形の数字を返します。
 *
 * 【おことわり】
 * ・当プラグインは利用及び改変を自由に行うことが可能ですが、
 *  一般常識から著しく外れるような使い方はご遠慮ください。
 * ・当プラグインによって生じた一切の事象について、当方では一切の責任を負いかねます。
 * ・予告なくプラグインの更新を終了する場合がございます。
 * ・ご不明点やご意見などは作者ツイッターまで。( @risato_aragami )
 */
0

Copyright© #ツクプラ , 2019 All Rights Reserved.