FTKR Custom Simple Actor Status

更新日:

日本語名称:FTKR Custom Simple Actor Status

ふりがな:かすたむしんぷるあくたーすてーたす

機能概要:ステータス表示を変更する本体

使用条件(ライセンス): MITライセンス

作者:フトコロ

作者サイト:https://twitter.com/futokoro_mv

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/mas…

解説ページ:https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_C…

ファイル名:FTKR_CustomSimpleActorStatus.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc v3.5.2 アクターのステータス表示を変更するプラグイン
 * @author フトコロ
 *
 * @noteParam CSS_画像
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData actors
 * 
 * @noteParam CSS_画像
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData items
 * 
 * @noteParam CSS_画像
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData weapons
 * 
 * @noteParam CSS_画像
 * @noteRequire 1
 * @noteDir img/pictures/
 * @noteType file
 * @noteData armors
 * 
 * @param face
 * @text --顔画像の設定--
 * @default
 * 
 * @param Face Image Width
 * @desc アクターの顔画像幅を設定します
 * デフォルトは144
 * @default 144
 * @parent face
 * 
 * @param Face Image Height
 * @desc アクターの顔画像高さを設定します
 * デフォルトは144
 * @default 144
 * @parent face
 * 
 * @param Face Position X
 * @desc 顔画像を描画エリア内のどこに表示するか。
 * 0 - 左寄せ, 1 - 中央, 2 - 右寄せ
 * @default 1
 * @parent face
 * 
 * @param chara
 * @text --歩行キャラの設定--
 * @default
 * 
 * @param Chara Image Width
 * @desc アクターの歩行キャラの画像幅を設定します
 * デフォルトは48
 * @default 48
 * @parent chara
 * 
 * @param Chara Image Height
 * @desc アクターの歩行キャラの画像高さを設定します
 * デフォルトは48
 * @default 48
 * @parent chara
 * 
 * @param Chara Position X
 * @desc アクターの歩行キャラを描画エリア内のどこに表示するか。
 * 0 - 左寄せ, 1 - 中央, 2 - 右寄せ
 * @default 1
 * @parent chara
 * 
 * @param Chara Direction
 * @desc アクターの歩行キャラの向きを設定します。
 * 0 - 正面固定, 1 - マップ上の先頭プレイヤーの向き
 * @default 0
 * @parent chara
 * 
 * @param sv
 * @text --SVキャラの設定--
 * @default
 * 
 * @param Sv Image Width
 * @desc アクターのSVキャラの画像幅を設定します
 * デフォルトは64
 * @default 64
 * @parent sv
 * 
 * @param Sv Image Height
 * @desc アクターのSvキャラの画像高さを設定します
 * デフォルトは64
 * @default 64
 * @parent sv
 * 
 * @param Sv Position X
 * @desc アクターのSvキャラを描画エリア内のどこに表示するか。
 * 0 - 左寄せ, 1 - 中央, 2 - 右寄せ
 * @default 1
 * @parent sv
 * 
 * @param Enabled Sv Motion
 * @desc Svキャラのモーションを有効にするか設定します
 * 0 - 無効にする, 1 - 常に有効にする, 2 - 戦闘時以外有効
 * @default 1
 * @parent sv
 * 
 * @param Sv Image Motion
 * @desc Svキャラの標準モーションを設定します
 * @default wait
 * @parent sv
 * 
 * @param Enabled State Motion
 * @desc ステートモーションを有効にするか設定します
 * 1 - 有効にする, 0 - 無効にする
 * @default 1
 * @parent sv
 * 
 * @param state
 * @text --ステートの設定--
 * @default
 * 
 * @param Enable CSS States
 * @desc ステートアイコンの表示を専用の描画処理に変えるか。
 * 1 - 有効にする, 0 - 無効にする
 * @default 1
 * @parent state
 * 
 * @param Animation Wait
 * @desc ステートアイコンの切り替え時間を指定します
 * デフォルトは40
 * @default 40
 * @parent state
 * 
 * @param Enable Overlap
 * @desc ステートアイコンの重なり表示を有効にする
 * 1 - 有効にする, 0 - 無効にする
 * @default 0
 * @parent state
 * 
 * @param Overlap Rate
 * @desc アイコンの重なりを許容する比率を設定します。
 * @default 0.5
 * @parent state
 * 
 * @param State Icon Padding
 * @desc アイコン表示に必要な余白を指定します。
 * @default 4
 * @type number
 * @min 0
 * @parent state
 * 
 * @param Enable Auto Scale
 * @desc 行の高さまたは表示幅に合わせてアイコンサイズを調整するか
 * 1 - 有効にする, 0 - 無効にする
 * @default 0
 * @parent state
 * 
 * @param pdiff
 * @text --通常能力値(差分)の設定--
 * @default
 * 
 * @param Enabled Escapecharacters By PDIFF
 * @desc 差分表示に制御文字使えるようにする
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default true
 * @parent pdiff
 * 
 * @param Format PDIFF Plus
 * @desc 増加の場合の表示を設定します。
 * %1 - 増加値
 * @default c[24]+ %1
 * @parent pdiff
 * 
 * @param Format PDIFF Minus
 * @desc 減少の場合の表示を設定します。
 * %1 - 減少値
 * @default c[25]- %1
 * @parent pdiff
 * 
 * @param xparam
 * @text --能力値の設定--
 * @default
 * 
 * @param Disp Decimals Param
 * @desc 能力値が率で表されるパラメータの表示方法を選択します。
 * @type select
 * @option 少数で表示
 * @value 0
 * @option パーセント(%)で表示
 * @value 1
 * @default 0
 * @parent xparam
 * 
 * @param equip
 * @text --装備パラメータの設定--
 * @default
 * 
 * @param Equip Right Arrow
 * @desc 装備を変える時に表示する右矢印記号を指定します。
 * @default c[16]→
 * @parent equip
 * 
 * @param ediff
 * @text --装備パラメータ(差分)の設定--
 * @default
 * 
 * @param Enabled Escapecharacters By EDIFF
 * @desc 差分表示に制御文字使えるようにする
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default true
 * @parent ediff
 * 
 * @param Format EDIFF Plus
 * @desc 増加の場合の表示を設定します。
 * %1 - 増加値
 * @default c[24]+ %1
 * @parent ediff
 * 
 * @param Format EDIFF Minus
 * @desc 減少の場合の表示を設定します。
 * %1 - 減少値
 * @default c[25]- %1
 * @parent ediff
 * 
 * @param aopdiff
 * @text --AOP能力値(差分)の設定--
 * @default
 * 
 * @param Enabled Escapecharacters By AOPDIFF
 * @desc 差分表示に制御文字使えるようにする
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default true
 * @parent aopdiff
 * 
 * @param Format AOPDIFF Plus
 * @desc 増加の場合の表示を設定します。
 * %1 - 増加値
 * @default c[24]+ %1
 * @parent aopdiff
 * 
 * @param Format AOPDIFF Minus
 * @desc 減少の場合の表示を設定します。
 * %1 - 減少値
 * @default c[25]- %1
 * @parent aopdiff
 * 
 * @param ediffaop
 * @text --AOP装備パラメータ(差分)の設定--
 * @default
 * 
 * @param Enabled Escapecharacters By EDIFFAOP
 * @desc 差分表示に制御文字使えるようにする
 * @type boolean
 * @on 有効
 * @off 無効
 * @default true
 * @parent ediffaop
 * 
 * @param Format EDIFFAOP Plus
 * @desc 増加の場合の表示を設定します。
 * %1 - 増加値
 * @default c[24]+ %1
 * @parent ediffaop
 * 
 * @param Format EDIFFAOP Minus
 * @desc 減少の場合の表示を設定します。
 * %1 - 減少値
 * @default c[25]- %1
 * @parent ediffaop
 * 
 * @param image
 * @text --カスタム画像の設定--
 * @default
 * 
 * @param Image Position X
 * @desc カスタム画像を描画エリア内のどこに表示するか。
 * 0 - 左寄せ, 1 - 中央, 2 - 右寄せ
 * @default 1
 * @parent image
 * 
 * @param message
 * @text --メッセージの設定--
 * @default
 * 
 * @param Display LevelUp Message
 * @desc レベルアップ時のメッセージを設定します。
 * %1 - アクター名, %2 - 現在レベル, %3 - 上昇したレベル
 * @default C[17]%3 Level Up!
 * @parent message
 * 
 * @param customParam
 * @text --カスタムパラメータの設定--
 * 
 * @param --Custom Param 0--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 0 Display Name
 * @desc Custom(0)の表示名を設定します
 * @default c[16]現在の経験値
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 0 References
 * @desc Custom(0)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 0 Unit
 * @desc Custom(0)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 1--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 1 Display Name
 * @desc Custom(1)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 1 References
 * @desc Custom(1)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default a.currentExp()
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 1 Unit
 * @desc Custom(1)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 2--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 2 Display Name
 * @desc Custom(2)の表示名を設定します
 * @default c[16]次のレベルまで
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 2 References
 * @desc Custom(2)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 2 Unit
 * @desc Custom(2)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 3--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 3 Display Name
 * @desc Custom(3)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 3 References
 * @desc Custom(3)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default a.nextRequiredExp()
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 3 Unit
 * @desc Custom(3)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 4--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 4 Display Name
 * @desc Custom(4)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 4 References
 * @desc Custom(4)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 4 Unit
 * @desc Custom(4)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 5--
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 5 Display Name
 * @desc Custom(5)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 5 References
 * @desc Custom(5)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 5 Unit
 * @desc Custom(5)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 6--
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 6 Display Name
 * @desc Custom(6)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 6 References
 * @desc Custom(6)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 6 Unit
 * @desc Custom(6)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 7--
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 7 Display Name
 * @desc Custom(7)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 7 References
 * @desc Custom(7)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 7 Unit
 * @desc Custom(7)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 8--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 8 Display Name
 * @desc Custom(8)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 8 References
 * @desc Custom(8)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 8 Unit
 * @desc Custom(8)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 9--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 9 Display Name
 * @desc Custom(9)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 9 References
 * @desc Custom(9)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 9 Unit
 * @desc Custom(9)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 10--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 10 Display Name
 * @desc Custom(10)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 10 References
 * @desc Custom(10)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 10 Unit
 * @desc Custom(10)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 11--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 11 Display Name
 * @desc Custom(11)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 11 References
 * @desc Custom(11)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 11 Unit
 * @desc Custom(11)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 12--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 12 Display Name
 * @desc Custom(12)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 12 References
 * @desc Custom(12)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 12 Unit
 * @desc Custom(12)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 13--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 13 Display Name
 * @desc Custom(13)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 13 References
 * @desc Custom(13)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 13 Unit
 * @desc Custom(13)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 14--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 14 Display Name
 * @desc Custom(14)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 14 References
 * @desc Custom(14)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 14 Unit
 * @desc Custom(14)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 15--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 15 Display Name
 * @desc Custom(15)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 15 References
 * @desc Custom(15)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 15 Unit
 * @desc Custom(15)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 16--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 16 Display Name
 * @desc Custom(16)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 16 References
 * @desc Custom(16)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 16 Unit
 * @desc Custom(16)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 17--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 17 Display Name
 * @desc Custom(17)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 17 References
 * @desc Custom(17)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 17Unit
 * @desc Custom(17)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 18--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 18 Display Name
 * @desc Custom(18)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 18 References
 * @desc Custom(18)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 18 Unit
 * @desc Custom(18)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param --Custom Param 19--
 * @default
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 19 Display Name
 * @desc Custom(19)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 19 References
 * @desc Custom(19)の値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param Custom 19 Unit
 * @desc Custom(19)の単位を設定します。
 * @default 
 * @parent customParam
 * 
 * @param customGauge
 * @text --カスタムゲージの設定--
 * 
 * @param Gauge Param Digit
 * @desc 現在値と最大値の表示幅を指定した桁数に設定する
 * @default 4
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 0--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 Display Name
 * @desc Gauge(0)の表示名を設定します
 * @default C[16]EXP
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 References
 * @desc Gauge(0)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 Current
 * @desc Gauge(0)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default a.isMaxLevel() ? '--------' : a.currentExp()
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 Max
 * @desc Gauge(0)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default a.isMaxLevel() ? '--------' : a.nextLevelExp()
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 Color1
 * @desc Gauge(0)のゲージの色1を設定します。
 * @default 17
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 0 Color2
 * @desc Gauge(0)のゲージの色2を設定します。
 * @default 6
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 1--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 Display Name
 * @desc Gauge(1)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 References
 * @desc Gauge(1)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 Current
 * @desc Gauge(1)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 Max
 * @desc Gauge(1)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 Color1
 * @desc Gauge(1)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 1 Color2
 * @desc Gauge(1)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 2--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 Display Name
 * @desc Gauge(2)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 References
 * @desc Gauge(2)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 Current
 * @desc Gauge(2)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 Max
 * @desc Gauge(2)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 Color1
 * @desc Gauge(2)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 2 Color2
 * @desc Gauge(2)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 3--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 Display Name
 * @desc Gauge(3)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 References
 * @desc Gauge(3)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 Current
 * @desc Gauge(3)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 Max
 * @desc Gauge(3)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 Color1
 * @desc Gauge(3)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 3 Color2
 * @desc Gauge(3)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 4--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 Display Name
 * @desc Gauge(4)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 References
 * @desc Gauge(4)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 Current
 * @desc Gauge(4)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 Max
 * @desc Gauge(4)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 Color1
 * @desc Gauge(4)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 4 Color2
 * @desc Gauge(4)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 5--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 Display Name
 * @desc Gauge(5)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 References
 * @desc Gauge(5)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 Current
 * @desc Gauge(5)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 Max
 * @desc Gauge(5)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 Color1
 * @desc Gauge(5)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 5 Color2
 * @desc Gauge(5)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 6--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 Display Name
 * @desc Gauge(6)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 References
 * @desc Gauge(6)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 Current
 * @desc Gauge(6)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 Max
 * @desc Gauge(6)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 Color1
 * @desc Gauge(6)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 6 Color2
 * @desc Gauge(6)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 7--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 Display Name
 * @desc Gauge(7)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 References
 * @desc Gauge(7)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 Current
 * @desc Gauge(7)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 Max
 * @desc Gauge(7)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 Color1
 * @desc Gauge(7)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 7 Color2
 * @desc Gauge(7)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 8--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 Display Name
 * @desc Gauge(8)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 References
 * @desc Gauge(8)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 Current
 * @desc Gauge(8)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 Max
 * @desc Gauge(8)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 Color1
 * @desc Gauge(8)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 8 Color2
 * @desc Gauge(8)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param --Gauge Param 9--
 * @default
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 Display Name
 * @desc Gauge(9)の表示名を設定します
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 References
 * @desc Gauge(9)で表示する値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 Current
 * @desc Gauge(9)の現在値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 Max
 * @desc Gauge(9)の最大値の参照先を設定します。
 * アクターを a として、ステータスの参照先を記述すること。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 Color1
 * @desc Gauge(9)のゲージの色1を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param Gauge 9 Color2
 * @desc Gauge(9)のゲージの色2を設定します。
 * @default 
 * @parent customGauge
 * 
 * @param paramName
 * @text --表示名の設定--
 * 
 * @param XPARAM Name
 * @desc 追加能力値の表示名を設定します。
 * @type struct<xparam>
 * @default {”hit”:”命中率”,”eva”:”回避率”,”cri”:”会心率”,”cev”:”会心回避率”,”mev”:”魔法回避率”,”mrf”:”魔法反射率”,”cnt”:”反撃率”,”hrg”:”HP再生率”,”mrg”:”MP再生率”,”trg”:”TP再生率”}
 * @parent paramName
 * 
 * @param SPARAM Name
 * @desc 特殊能力値の表示名を設定します。
 * @type struct<sparam>
 * @default {”tgr”:”狙われ率”,”grd”:”防御効果率”,”rec”:”回復効果率”,”pha”:”薬の知識”,”mcr”:”MP消費率”,”tcr”:”TPチャージ率”,”pdr”:”物理ダメージ率”,”mdr”:”魔法ダメージ率”,”fdr”:”床ダメージ率”,”exr”:”経験獲得率”}
 * @parent paramName
 * 
 * @help
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 概要
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * このプラグインは、アクターのステータス表示のレイアウトをより詳細に設定できる
 * 処理を実装します。
 * 
 * このプラグインの拡張プラグイン(FTKR_CSS_***.js)と組み合わせることで
 * メニュー画面や、バトル画面などさまざまなステータス画面を設定できるように
 * なります。
 * 
 * このプラグインの v3.0.0 から採用するステータスごとの表示位置指定方式については、
 * 拡張プラグインの v2.0.0 以降を使用してください。
 * ※従来の方式についても、v1の拡張プラグインで使用可能
 * 
 * 
 * プラグインの使い方は、下のオンラインマニュアルページを見てください。
 * https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_CustomSimpleActorStatus.ja.md
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 設定方法
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 1.「プラグインマネージャー(プラグイン管理)」に、このプラグインを追加して
 *    ください。
 * 
 * 2. 拡張プラグイン(FTKR_CSS_***.js)と組み合わせる場合は、このプラグインが
 *    上になるように配置してください。
 * 
 * 3. GraphicalDesignMode.jsと組み合わせる場合は、
 *    このプラグインが下になるように配置してください。
 * 
 * 4. このプラグインを使う上で、設定が必須なプラグインパラメータはありません。
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * プラグインのライセンスについて(License)
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * このプラグインはMITライセンスのもとで公開しています。
 * This plugin is released under the MIT License.
 * 
 * Copyright (c) 2017,2018 Futokoro
 * http://opensource.org/licenses/mit-license.php
 * 
 * 
 * プラグイン公開元
 * https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/README.md
 * 
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 変更来歴
 *-----------------------------------------------------------------------------
 * 
 * v3.5.2 - 2019/04/14 : 機能追加
 *    1. 特殊能力値(xparam)と追加能力値(sparam)を表示するコード他を追加。
 * 
 * v3.5.1 - 2019/03/05 : 不具合修正、機能追加
 *    1. 拡張プラグインのパラメータ”statusList”の”value”の値を正しく読み取れない
 *       不具合を修正。
 *    2. 選択中の装備品を装備できない時に特定も文字を表示させるコード notequip を
 *       追加。※装備画面とショップ画面で使用可能
 * 
 * v3.5.0 - 2018/12/29 : 機能追加
 *    1. セーブしたウィンドウ設定を変更するプラグインコマンドを追加。
 * 
 * v3.4.7 - 2018/12/27 : 不具合修正
 *    1. FTKR_CSS_ShopStatus v2.2.2 の不具合修正対応。
 *    2. FTKR_OriginalSceneWindow でアイテムデータ画像が表示できない不具合対応。
 * 
 * v3.4.6 - 2018/12/15 : 不具合修正(軽量化)
 *    1. カスタムパラメータとカスタムゲージの表示処理を見直し。
 *    2. プラグインコマンドの判定処理を見直し。
 * 
 * v3.4.5 - 2018/12/13 : 不具合修正(軽量化)
 *    1. code(x)の形のパラメータの判定時に必ずeval()で評価していた処理を見直し。
 * 
 * v3.4.4 - 2018/12/02 : 不具合修正
 *    1. カスタム画像で、存在しない画像IDを指定した場合にエラーになる不具合を修正。
 * 
 * v3.4.3 - 2018/11/03 : 仕様変更
 *    1. ediff(x)、aopdiff(x)、ediffaop(x)の表示内容の設定を、pdiff(x)から独立。
 * 
 * v3.4.2 - 2018/10/28 : 不具合修正
 *    1. オリジナルパラメータおよびオリジナルゲージの数値が、一部のシーンで正常に
 *       表示できない不具合を修正。
 * 
 * v3.4.1 - 2018/10/11 : 機能追加、仕様変更
 *    1. パラメータの差分表示に制御文字を無効にする機能を追加。
 *    2. パラメータの差分表示で 0 の場合に表示しないように変更。
 * 
 * v3.4.0 - 2018/10/10 : 機能追加
 *    1. ediff(x)およびediffaop(x)のコードをFTKR_CSS_ShopStatusから移動。
 * 
 * v3.3.4 - 2018/09/28 : 機能追加
 *    1. ステータスコードに、AOPパラメータ表示用のコードを追加。
 * 
 * v3.3.3 - 2018/09/28 : 機能追加
 *    1. ステータスコードに、パラメータ表示用のコードを追加。
 * 
 * v3.3.2 - 2018/09/19 : 機能追加
 *    1. ステータスコードに、アイテム用のコードを追加。
 * 
 * v3.3.1 - 2018/09/19 : 不具合修正
 *    1. 戦闘不能時に、ステートアイコンを表示しない不具合を修正。
 * 
 * v3.3.0 - 2018/09/15 : 機能追加
 *    1. ステータスコードに、アイテム用のコードを追加。
 *    2. ステータスアイコン同士間の余白サイズを設定する機能を追加。
 *    3. ステータスアイコンを高さ幅が不足しても最低1つは表示させるように変更。
 *    4. プラグインパラメータ Enable Auto Scale を有効にした場合に、表示幅が小さい
 *       場合でもサイズ調整するように変更。
 * 
 * v3.2.0 - 2018/09/11 : FTKR_GDM_WindowEditor.js 用の記述を修正。
 * 
 * v3.1.1 - 2018/09/09 : GraphicalDesignMode.js 用の記述を削除
 * 
 * v3.1.0 - 2018/08/30 : 機能追加
 *    1. 拡張プラグインのプラグインパラメータで表示するステータスをリストで
 *       選択できる機能を追加。
 * 
 * v3.0.2 - 2018/08/25 : 不具合修正
 *    1. 拡張プラグインで、余白と背景透明度を 0 に設定した場合に、設定が無効になる
 *       不具合を修正。
 * 
 * v3.0.1 - 2018/08/20 : 不具合修正
 *    1. 拡張プラグインでステータスウィンドウの設定を有効にした場合にエラーになる
 *       不具合を修正。
 * 
 * v3.0.0 - 2018/08/19 : 仕様変更
 *    1. ステータスの表示とパラメータの入力に、ステータスごとの表示位置指定方式を採用。
 *    2. FTKR_GDM_WindowEditor対応版に修正。
 *    3. ヘルプの記述を削減。
 *    4. 顔画像のサイズを調整する機能を追加。
 *    5. GraphicalDesignMode.jsとの連携機能を、FTKR_GDM_Editorに移行。
 * 
 * v2.7.2 - 2018/08/18 : 不具合修正
 *    1. 拡張プラグイン使用時にステートアイコンが表示されない不具合を修正。
 * 
 * v2.7.1 - 2018/08/17 : 不具合修正
 *    1. バトルシーンでステータスウィンドウが非表示でも、ステートアイコンが
 *       表示される不具合を修正。
 * 
 * v2.7.0 - 2018/03/17 : 機能追加
 *    1. カスタム画像をゲーム中に変更するプラグインコマンドを追加。
 * 
 * v2.6.3 - 2018/03/12 : 処理変更
 *    1. 顔画像やカスタム画像の表示透過度の判定部を関数として独立。
 *    2. コード処理部にアクターが設定されていない場合の例外処理を追加。
 * 
 * v2.6.2 - 2018/03/11 : 不具合修正
 *    1. 角括弧で設定したコードが正しく表示されない不具合を修正。
 *    2. デザインモード中にstateコードを変更した際に、ステートアイコンの表示が
 *       一部更新されない不具合を修正。
 * 
 * v2.6.1 - 2018/01/07 : 処理変更
 *    1. 顔画像、歩行キャラ、SVキャラのX座標方向の寄せ表示部分を関数として独立。
 * 
 * v2.6.0 - 2017/11/18 : 機能追加
 *    1. FTKR_CSS_***Status系の拡張プラグインをGraphicalDesignMode.jsに
 *       対応する処理を追加。
 * 
 * v2.5.1 - 2017/11/08 : 不具合修正
 *    1. FTKR_OriginalSceneWindow.jsで生成したウィンドウが有る場合に
 *       シーン開始時にエラーになる不具合を修正。
 * 
 * v2.5.0 - 2017/11/08 : 機能追加
 *    1. 横線を表示するコード「line」を追加。
 *    2. GraphicalDesignMode.jsとFTKR_CSS_GDM.jsにより、デザインモード中に
 *       ゲーム内でレイアウトを変更する機能を追加。
 * 
 * v2.4.3 - 2017/11/02 : 不具合修正
 *    1. 装備画面でフリーズする不具合を修正。
 * 
 * v2.4.2 - 2017/11/01 : 不具合修正
 *    1. カスタムパラメータとカスタムゲージで、名前が表示されない不具合を修正。
 *    2. 装備のパラメータが表示されない不具合を修正。
 * 
 * v2.4.1 - 2017/10/19 : 不具合修正
 *    1. カスタムパラメータとカスタムゲージで、アイコンを表示したときに
 *       表示位置がずれる場合がある不具合を修正。
 * 
 * v2.4.0 - 2017/10/16 : 仕様変更
 *    1. カスタムゲージで、現在値および最大値に文字列を表示できるように変更。
 * 
 * v2.3.0 - 2017/07/23 : 機能追加
 *    1. 表示コードの判定部の記述を見直し。
 *    2. 括弧で数値を指定する表示コードに対して、数値ではなくスクリプトで
 *       指定できるように修正。
 *    3. FTKR_AddOriginalParametersで作成したオリジナルパラメータの
 *       装備パラメータを表示するコード「eaop(x)」を追加。
 * 
 * v2.2.0 - 2017/06/19 : 機能変更、機能追加
 *    1. テキストコードに、JS計算式の評価処理を追加。
 *    2. JS計算式の評価コードで、文字列のまま表示する機能を追加。
 * 
 * v2.1.0 - 2017/06/19 : 機能変更、機能追加
 *    1. カスタム画像の設定仕様を変更。
 *    2. カスタム画像を複数設定できる機能を追加。
 * 
 * v2.0.0 - 2017/06/18 : メニュー画面の変更機能を分離
 * 
 * v1.8.0 - 2017/06/17 : 機能追加
 *    1. カスタムパラメータに単位を表示する機能を追加。
 * 
 * v1.7.6 - 2017/06/10 : 不具合修正
 *    1. YEP_BuffsStatesCore.jsと組み合わせた時にステートカウントの表示が
 *       正しく更新されない不具合を修正。
 * 
 * v1.7.5 - 2017/06/10 : 不具合修正
 *    1. テキストコードに制御文字を入力すると、正しく表示できない不具合を修正。
 * 
 * v1.7.4 - 2017/06/09 : YEP_BuffsStatesCore.jsに対応
 * 
 * v1.7.3 - 2017/06/08 : 機能追加
 *    1. ステートアイコンの表示処理をMVデフォルトに戻す機能を追加。
 * 
 * v1.7.2 - 2017/06/07 : 不具合修正、機能追加
 *    1. 波括弧による描画エリアの拡張が正しく機能しない不具合を修正。
 *    2. eval()によるJS計算結果を表示するコードを追加。
 * 
 * v1.7.1 - 2017/06/05 : 不具合修正、機能追加
 *    1. 歩行キャラが正しく表示されない不具合を修正。
 *    2. 歩行キャラの向きを、マップ上のプレイヤーに合わせる機能を追加。
 *    3. SVキャラのモーションを無効にする機能を追加。
 *    4. カスタム画像を表示する位置を調整する機能を追加。
 * 
 * v1.7.0 - 2017/06/02 : 機能追加、不具合修正
 *    1. アクター毎に個別に設定できるカスタムゲージを追加。
 *    2. クラス毎に個別に設定できるカスタムゲージを追加。
 *    3. プラグインパラメータ<Enabled Skill Status>を無効にした場合
 *       スキル画面のステータス欄が表示しない不具合を修正。
 * 
 * v1.6.0 - 2017/06/01 : 機能見直し、機能追加
 *    1. カスタムゲージの表示内容の調整機能を見直し。
 *    2. カスタムゲージのゲージバーを非表示にする機能を追加。
 *    3. カスタムゲージに現在値と最大値の替わりに指定した値を設定する機能を追加。
 * 
 * v1.5.3 - 2017/05/13 : 機能追加
 *    1. 装備画面で使用可能な、パラメータ表示コードを追加。
 * 
 * v1.5.2 - 2017/05/12 : 不具合修正、機能追加、不要なパラメータを削除
 *    1. アクターを横に並べたときに描画エリアを拡張すると、隣のアクターの
 *       表示エリアにも拡張される不具合を修正。
 *    2. 画像の表示位置の調整機能を追加。
 * 
 * v1.5.1 - 2017/05/11 : 不具合修正、機能追加
 *    1. ステータスウィンドウに表示できる人数よりもパーティーが少ない場合に
 *       エラーになる不具合を修正。
 *    2. 表示したSVキャラの位置を固定するように変更。
 * 
 * v1.5.0 - 2017/05/10 : 機能追加
 *    1. FTKR_FacialImageDifference.jsに対応。
 * 
 * v1.4.4 - 2017/05/08 : 不具合修正
 *    1. メニュー画面のアクターのスプライトが正しく更新されない不具合を修正。
 * 
 * v1.4.3 - 2017/05/06 : 不具合修正、機能追加
 *    1. アクターを横に並べた時に、顔画像が正しく表示されない不具合を修正。
 *    2. 縦のカーソル間隔を設定する機能を追加。
 * 
 * v1.4.2 - 2017/05/04 : 機能追加
 *    1. カスタムパラメータとカスタムゲージに、セルフ変数を適用。
 * 
 * v1.4.1 - 2017/04/25 : 不具合修正
 *    1. 「逃げる」でバトルを終了した場合、ステータス上のSVキャラの
 *       表示位置がずれる不具合を修正。
 * 
 * v1.4.0 - 2017/04/21 : 仕様変更、機能追加
 *    1. 詳細ステータス画面の表示変更機能を拡張プラグインとして分離。
 *    2. スキル画面の表示変更機能を拡張プラグインとして分離。
 *    3. 顔画像の表示仕様を変更。
 *    4. カスタム画像をタグの仕様を変更し、ディプロイメントでカスタム画像を
 *       保存するように変更。
 *    5. メニュー画面の簡易ステータスウィンドウの設定変更機能を追加。
 * 
 * v1.3.1 - 2017/04/21 : 機能追加
 *    1. FTKR_ExSvMotion.jsに対応。
 * 
 * v1.3.0 - 2017/04/19 : 機能変更
 *    1. ステートアイコンの表示仕様を変更。
 * 
 * v1.2.5 - 2017/04/15 : 機能追加
 *    1. ステートアイコンの表示位置を微調整
 *    2. 行の高さに合わせてステートアイコンサイズを自動調整する機能を追加。
 * 
 * v1.2.4 - 2017/04/12 : 顔画像の縦横のサイズを合わせるように修正
 * 
 * v1.2.3 - 2017/04/11 : ヘルプ修正
 * 
 * v1.2.2 - 2017/04/11 : 機能追加
 *    1. 指定した画像を表示する機能を追加。
 *    2. 複数列を跨いで表示させる機能を追加。
 *    3. ステートを縦に並べて表示させる機能を追加。
 * 
 * v1.2.1 - 2017/04/01 : 機能削除、機能追加
 *    1. ステータスのparam(x)に対してMV標準の制御文字を使用できる機能を削除。
 *    2. カスタムパラメータを20個まで設定できるように変更。
 *    3. 詳細ステータス画面の表示エリア間のラインの線色、太さ、透明度を
 *       変更する機能を追加。
 *    4. 簡易ステータス画面の表示内容を変更する機能をON/OFFする
 *       プラグインパラメータを追加。
 * 
 * v1.2.0 - 2017/03/20 : 仕様変更
 *    1. ステートアイコンを並べて表示した時に表示エリア内に収まらない場合、
 *       アイコンを重ねて表示するように変更。
 *    2. ステータスのprofile、param(x)、custom(x)、gauge(x)、text(x)の表示に、
 *       MV標準の制御文字を使用できるように変更。
 * 
 * v1.1.1 - 2017/03/18 : 機能追加
 *    1. 詳細ステータスの表示内容を変更する機能をON/OFFする
 *       プラグインパラメータを追加。
 *    2. FTKR_SEP_ShowSkillStatus.jsと組み合わせている場合、プロフィール文に
 *       制御文字を使用できるように変更。
 *    3. ヘルプ内容を修正。
 * 
 * v1.1.0 - 2017/03/17 : 仕様変更、機能追加、不具合修正
 *    1. Text間のスペースを設定するプラグインパラメータの仕様を変更。
 *    2. 装備と好きな文字列を表示させるパラメータを追加。
 *    3. 詳細ステータスの表示内容を変更する機能を追加。
 *    4. カスタムパラメータとカスタムゲージを10個まで設定できるように変更。
 *    5. ニックネームが表示されない不具合を修正。
 * 
 * v1.0.3 - 2017/03/16 : 機能追加
 *    1. 表示名や値の参照先を自由に設定できるカスタムゲージの表示機能を追加。
 * 
 * v1.0.2 - 2017/03/16 : 機能追加
 *    1. <Actor Status Text>で、1行に複数のステータスを表示する機能を追加。
 * 
 * v1.0.1 - 2017/03/10 : 機能追加
 *    1. 攻撃力や防御力等のパラメータを表示できる機能を追加。
 *    2. 表示名や値の参照先を自由に設定できるカスタムパラメータの
 *       表示機能を追加。
 * 
 * v1.0.0 - 2017/03/09 : 初版作成
 * 
 *-----------------------------------------------------------------------------
 */
//=============================================================================
/*~struct~status:
 * @param text
 * @desc 表示するステータスを選択
 * リストにない場合は、直接テキストで記述
 * @default 
 * @type select
 * @option 名前
 * @value name
 * @option 二つ名
 * @value nickname
 * @option 職業
 * @value class
 * @option レベル
 * @value level
 * @option HP
 * @value hp
 * @option MP
 * @value mp
 * @option TP
 * @value tp
 * @option 顔画像
 * @value face
 * @option 顔画像(サイズ指定)
 * @value face(%1)
 * @option 歩行キャラ画像
 * @value chara
 * @option SV戦闘キャラ画像
 * @value sv
 * @option ステート(横)
 * @value state
 * @option ステート(縦)
 * @value state2(%1)
 * @option プロフィール
 * @value profile
 * @option 通常能力値
 * @value param(%1)
 * @option 通常能力値(素)
 * @value pbase(%1)
 * @option 通常能力値(増加分)
 * @value pdiff(%1)
 * @option 追加能力値
 * @value xparam(%1)
 * @option 特殊能力値
 * @value sparam(%1)
 * @option 装備
 * @value equip(%1)
 * @option 装備通常能力値
 * @value eparam(%1)
 * @option 装備追加能力値
 * @value exparam(%1)
 * @option 装備特殊能力値
 * @value esparam(%1)
 * @option 装備通常能力値差分
 * @value ediff(%1)
 * @option 装備追加能力値差分
 * @value exdiff(%1)
 * @option 装備特殊能力値差分
 * @value esdiff(%1)
 * @option 装備不可表示
 * @value notequip(%1)
 * @option カスタムパラメータ
 * @value custom(%1)
 * @option カスタムゲージ
 * @value gauge(%1)
 * @option アクター別カスタムゲージ
 * @value agauge(%1)
 * @option クラス別カスタムゲージ
 * @value cgauge(%1)
 * @option カスタム画像
 * @value image
 * @option カスタム画像(登録ID)
 * @value image(%1)
 * @option メッセージ
 * @value message
 * @option テキスト
 * @value text(%1)
 * @option JS計算式(数値表示)
 * @value eval(%1)
 * @option JS計算式(文字列表示)
 * @value streval(%1)
 * @option 横線
 * @value line
 * @option AOP能力値
 * @value aop(%1)
 * @option AOP能力値(素)
 * @value aopbase(%1)
 * @option AOP能力値(増加分)
 * @value aopdiff(%1)
 * @option AOP装備パラメータ
 * @value eaop(%1)
 * @option AOP装備パラメータ差分
 * @value ediffaop(%1)
 * @option アイテム名
 * @value iname
 * @option アイテムアイコン
 * @value iicon
 * @option アイテム説明
 * @value idesc
 * @option アイテムタイプ
 * @value itype
 * @option アイテム装備タイプ
 * @value ietype
 * @option アイテム範囲
 * @value iscope
 * @option アイテム属性
 * @value ielement
 * @option アイテム設定詳細
 * @value iparam(%1)
 * @option アイテムカスタム画像
 * @value iimage(%1)
 * @option マップ名
 * @value mapname
 *
 * @param value
 * @desc code(%1)の形式で設定するステータスの%1の内容を入力
 * @default 
 * 
 * @param x
 * @desc 表示するX座標
 * @default 0
 *
 * @param y
 * @desc 表示するY座標
 * @default 0
 *
 * @param width
 * @desc 表示する幅
 * @default 0
 *
 */
/*~struct~xparam:
 *
 * @param hit
 * @desc 命中率の表示名
 * @default 命中率
 *
 * @param eva
 * @desc 回避率の表示名
 * @default 回避率
 *
 * @param cri
 * @desc 会心率の表示名
 * @default 会心率
 *
 * @param cev
 * @desc 会心回避率の表示名
 * @default 会心回避率
 *
 * @param mev
 * @desc 魔法回避率の表示名
 * @default 魔法回避率
 *
 * @param mrf
 * @desc 魔法反射率の表示名
 * @default 魔法反射率
 *
 * @param cnt
 * @desc 反撃率の表示名
 * @default 反撃率
 *
 * @param hrg
 * @desc HP再生率の表示名
 * @default HP再生率
 *
 * @param mrg
 * @desc MP再生率の表示名
 * @default MP再生率
 *
 * @param trg
 * @desc TP再生率の表示名
 * @default TP再生率
 *
 */
/*~struct~sparam:
 *
 * @param tgr
 * @desc 狙われ率の表示名
 * @default 狙われ率
 *
 * @param grd
 * @desc 防御効果率の表示名
 * @default 防御効果率
 *
 * @param rec
 * @desc 回復効果率の表示名
 * @default 回復効果率
 *
 * @param pha
 * @desc 薬の知識の表示名
 * @default 薬の知識
 *
 * @param mcr
 * @desc MP消費率の表示名
 * @default MP消費率
 *
 * @param tcr
 * @desc TPチャージ率の表示名
 * @default TPチャージ率
 *
 * @param pdr
 * @desc 物理ダメージ率の表示名
 * @default 物理ダメージ率
 *
 * @param mdr
 * @desc 魔法ダメージ率の表示名
 * @default 魔法ダメージ率
 *
 * @param fdr
 * @desc 床ダメージ率の表示名
 * @default 床ダメージ率
 *
 * @param exr
 * @desc 経験獲得率の表示名
 * @default 経験獲得率
 *
 */
0

Copyright© #ツクプラ , 2019 All Rights Reserved.